指導者 

 プロフィール
1987年 東京都江東区にて6歳から空手を始める(少林流系)
1999年 18歳で大島道場の道場長となり空手の指導を始める
2001年 松原道場を開設
2002年 葛西・砧・成城・希望丘道場を開設
2005年 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了
2006年 礼翔舘空手道を創設
     千歳台(水)道場を開設
2009年 沖縄伝統空手道世界大会(型) 出場
2011年 赤堤道場を開設
2012年 千歳台(日)道場を開設
2018年 沖縄空手国際大会(型)出場 日本武道空手演武会演武
     桜新町道場を開設

空手歴33年 指導歴21年
組手試合は過去15年以上出場

沖縄県指定無形文化財保持者 (故)仲里常延範士より参段
第十三号免許皆伝 喜屋武派空手道 井塚英司師より五段
全国防具空手道連盟 (当時)経済産業大臣 甘利明会長より公認六段
沖縄県公式 沖縄空手国際セミナー 県知事より修了証
 ・第一回全流派(全会派)
 ・第五回全流派(会派段別)
 ・第六回全流派(選択)
 ・第一回集中稽古(少林流)
 ・第二回集中稽古(少林寺流)
 ・第三回集中稽古(一心流)
日本防具空手道連盟公認B級審判員

その他
2005- 琉球武器術 四段
2005-2016年 護身術 Krav Maga (故)松元國士師よりブルーベルト
2018年 護身術 Balintawak Eskrima GM Nicomedes A. ElizarよりShort Node Stick LevelⅡ



 これまでフィンランド, エストニア, 南アフリカ, グアム, イスラエル, フィリピン, 沖縄, 国内多数の合宿へ参加。
現在も、各地で沖縄空手・琉球武器術・軍式護身術を学び研究を重ねて、
全世代へ価値ある空手道を伝承すべく心技体の向上に努めております。